歯ブラシ本舗LINE@
\お友達登録してね/

携帯ページ

トップページ»  食品

 3大歯科用ガム特長 




キシリトールガム(クリアミント・マスカット・アップルミント)
・歯科専売品はキシリトール100%配合!(他甘味料不使用)
・歯にくっつきにくいガムベース使用。市販品の2倍のかたさ
・再石灰化成分を市販品より多く配合!


ポスカ・エフ(ペパーミント・マスカット・ストロベリー)
・歯科専売品にはフッ素配合!
・濃い味!長持ち!唾液力アップ!
・水溶性カルシウムPOs-Ca+緑茶エキス(フッ素含有)配合!


リカルデント(ホワイトクリアミント・ウィスタリアグレープ)
・歯科医院専用品はCPP-ACP2倍配合!
・独自のロングラスティング製法で味長持ち。




 咬むトレーニングにもなる少し固めのキシリトールグミ 


キシリトール配合でお子様のオヤツにも安心。
咬むトレーニングになるように少し固めのグミになっています。
唾液はお口の中を健康に保つ働きがあります。どのグミもなめているだけで唾液分泌を促進するよう
少し酸味にある風味になっています。





◆リラックマキシリトールグミ(いちごヨーグルト風味)
お子様に人気の甘酸っぱいいちごヨーグルト風味のキシリトールグミです。
かわいいリラックマの個包装なのでプレゼントにも最適。2層構造の新触感グミです。

◆カムカムフレッシュキシリトールグミ(グレープ味)
市販のフルーツグミはいろいろありますが、人気NO、1はグレープってご存知ですか?
かわいい3種類のカエルの形でお子様に人気のキシリトールグミです。


◆キシリコーラ(レモンコーラ味)
お子さまに人気のコーラ味!コーラ飲料は歯にやさしくありませんが、このグミなら
キシリトール100%で安心!口に含めばどこか懐かしいあのコーラの風味。

もちろんよく咬んでお召し上がりいただけるよう少し固めのグミになっています。


  お砂糖とむし歯の関係について  

あまーいお菓子を食べるとむし歯になるの?

お口の中にはもともとむし歯菌がいます。
むし歯菌は歯に残った糖を材料に歯垢(プラーク)を作ります。
歯垢(プラーク)は、食べカスと思っている人もいますが、実はまったく別もの!
細菌と代謝物のかたまりです。
この歯垢(プラーク)の中でむし歯菌は歯のエナメル質を溶かす酸を作り、歯を溶かします。
これがむし歯のはじまりです。



 キシリトールのおはなし 

キシリトールは、1900年代の初めにフィンランドの樺の木からはじめてつくられました。
木から採れた甘味料なので木琴=「xylon」が語源と言われています。
キシリトールの甘さは砂糖にとてもよく似ていますがカロリーは砂糖に比べ40%も少なく、
ゆっくりとカラダに吸収され、血糖値の上昇もとても穏やか。
そしてキシリトールは歯の健康にとっても良いこともわかっています。

キシリトールはどんな働きをするの?

むし歯菌はキシリトールが大っ嫌い!
砂糖と違ってキシリトールをエサとして食べることはありません。
ですからむし歯菌はお口の中で増えることができず歯を溶かす酸を作ることも止めてしまいます。


キシリトールはどのくらい食べたらいいの?

むし歯予防には、幼児は1日にキシリトール量として3g~5g、小学生からは5g~10g以内を
摂取すると良いと言われています。
お口の中が酸性になりやすい食後やおやつ後など、よく咬んで1日3回程度お召し上がり下さい。


歯みがきはしなくていいの?

キシリトールはむし歯を防ぐ魔法の食べ物ではありません。
歯を健康にすることを手助けする大切なアイテムのひとつとお考えください。

商品一覧

並び順: