今ならもれなく新規会員登録で300ポイント
歯科医院が勧める歯ブラシの通販。口腔ケア専門店の【歯ブラシ本舗】。歯医者さんでしか手に入らない歯ブラシ。
 
歯ブラシ本舗では、少しでも商品を早く届ける事を心がけています
歯ブラシ本舗LINE@
\お友達登録してね/

携帯ページ

トップページ»  歯周病予防

日本では40歳を過ぎると80%以上の方が歯周病に感染していると言われています。

歯周病とは・・・
歯の周りのバイオフィルム(ねばねばした物体で堆積した細菌の固まり)が、歯と歯茎の間に入り込み溝(歯周ポケット)を作ります。
バイオフィルムには虫歯の原因となるミュータンス菌や、歯周病菌も集団で潜んでいる為、炎症を起こして歯茎が赤く腫れるほか、出血する事もあります。
進行すると歯周ポケットが深くなって行き、歯を支えている組織にまで炎症が及びます。すると、口臭が発生し歯を支える骨が溶けて歯がぐらつき、噛めない状態となります。
このような状態を歯周病と言います。

歯周病の恐ろしい点は、初期・中期には痛みをあまり感じることがなく症状がどんどん進むことです。 痛みや腫れの症状が出てくるのは末期になってからで、それまではほとんど自覚症状ありません。
これがこの病気の最大の特徴で、また一番恐いところです。



※歯周病の症状チェック!!チェックが多いと歯周病の疑い!!

□ 歯磨きなどで歯茎(歯肉)から出血する
□ 口臭がきつくなった
□ 口の中がネバネバする
□ 歯茎(歯肉)が腫れている
□ 歯茎(歯肉)が赤、紫色になった
□ 歯茎などから膿(うみ)が出る
□ 硬いものを噛むと痛い
□ 歯がグラグラする
□ 歯茎が下がって歯が長く見える(出っ歯になった)
□ 歯と歯の間の隙間が大きくなり、物が挟まりやすくなった
□ 歯茎(歯肉)がムズ痒い
□ 糖尿病にかかっている



※歯周病の因子  その1 -咬み合わせ-
歯周組織は、適切な咬合機能を営むことによって完成される機能的な器官といわれています。ゆえに、咬み合わせのバランスなしに歯周組織の安定は成立しません。


※歯周病の因子  その2 -生活習慣-
さらに喫煙や歯ぎしりなど生活習慣にまつわる問題も無視できません。たばこに含まれるニコチンは血管を収縮させてしまい、血液の循環量を減少させてしまうのです。
ただでさえ心臓から遠い歯茎の血管が細くなって、血液の量が少なくなってしまうのは歯周病菌と戦うには不利といえるでしょう。
たばこは歯のことを考えると、百害あって一利なしということになります。



※歯周病細菌が関係している可能性のある病気
脳血管障害・心疾患・糖尿病・低体重児の出産
歯周病細菌が歯茎に入り込むと歯茎を通る血管を通じて全身に回ってしまうと言います。



口の中の細菌をコントロールするケアが重要!!
ご家庭でできる歯周病予防(セルフケア)


●歯と歯肉の境目を重点的に歯みがきしましょう。
歯周病予防に効果的なブラッシング方法:歯ブラシの毛先を歯と歯肉の境目に45度の角度にあて、細かく(5mm程度)横に動かしてみがきます。

●歯周病予防に適した歯ブラシを使いましょう。
歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を、歯磨きで取り除きます。
効率よく歯垢を除去するには、歯ブラシのかたさが「ふつう」のものがおすすめです。
ただ、歯周病で歯肉から出血の見られる人は、まず「やわらかめ」の歯ブラシを使い、歯肉が回復したら「ふつう」のかたさにかえるようにしましょう。
また、超極細毛歯ブラシを使うと、プラークが残りやすい歯肉溝(歯と歯肉のすき間)や歯周ポケット、歯と歯の間に毛先が届きやすく、効果的にプラークの除去ができます。

●歯周病予防に適した歯みがき剤を使いましょう。
含まれている主な薬用成分を確認し自分のお口の状態に合わせて歯みがき剤を選びましょう。

商品一覧

並び順: